盗撮に強い弁護士に相談

盗撮を誰にも知られず解決したい。盗撮の前科をつくのを避けたい。恥ずかしいので匿名で法律相談したい。アトム法律事務所は、このような方専用の弁護士事務所です。

盗撮に強い弁護士に相談 > お客様の体験談 > お客様の体験談8

全国対応:盗撮容疑で逮捕な「遠くて不便な弁護士」を選んでいませんか?ATOMならどこでも電話が繋がる安心。全国各地から全力サポート

盗撮に強い事務所として民法テレビで特集されました

盗撮以外の刑事事件もアトムの弁護士にお任せください。痴漢・性犯罪・暴行・窃盗・詐欺・覚醒剤・ひき逃げ・飲酒運転

地図・アクセス

「大手企業会社員・公務員・会社役員・医師・士業」弁護実績多数あり
盗撮事件の弁護をご依頼いただいたお客様の声・直筆の体験談

丁寧な説明と密な連絡で不安の気持ちを楽にしてくれた。
勾留取消、示談と速やかに問題解決へと進めてくれたことに感謝。

撮影機能付きオーディオプレーヤーによる常習盗撮で逮捕されたものの、被害者と示談が成功したため公判とらず、無事に社会復帰できた「お客様の声」と弁護士による解説です。丁寧な対応と問題解決に向けた迅速な弁護活動に好評価をいただきました。

当該盗撮事件のお客様の体験談

お客様の体験談8

まさか自分の息子が・・・・どうしよう・どうしたら?不安でいっぱいでした。
アトム法律事務所を知り、野崎弁護士にお願いすることになりました。
とても丁寧に説明して頂き、不安の気持ちを楽にしてくれました。
勾留取消・示談・不起訴と問題解決へと速やかに進めてくださいました。
又、連絡も何度もして頂き感謝しております。
本人の話も色々聞いて頂きながら良きアドバイスもして下さいまして、ありがとうございます。
息子は前へ向かっています。
これも野崎元晴様のおかげです。
又、アトム法律事務所のスタッフの皆様にもお礼申し上げます。
ありがとうございました。
これからもどうぞ色々の方助けてあげてください。

当該盗撮事件の概要

ご依頼者様(工員、20代、前科あり)が、平日の昼間、ショッピングモールの洋品店内で、履いていた靴の中に仕込んだ撮影機能付きオーディオプレーヤーで女性店員のスカートの中を動画撮影し、盗撮の容疑で現行犯逮捕されたという事件です。

当該盗撮事件の弁護士の活動内容と結果

息子であるご依頼者様が逮捕され、翌日ご両親は警察署でご本人様と面会できましたが、詳しい話は聞けなかったそうです。身柄拘束中の一般の方による面会の場合、おおむね面会時間も15分程度と限られ、立会いの警察官も同席しているうえ、詳しい事件の話はしないようにと言われてしまいます。翌日、勾留という10日間ないし20日間続く身柄拘束を行う決定が下されてしまい、どうしていいか分からなくなったご両親は、当所へ法律相談にお越しになりました。
弁護士が行う接見であれば、ご依頼者様との面会に時間の制限や警察官の立ち会いなどの制限は一切ありません。担当した野崎弁護士は、直ちにご依頼者様の下へ接見に向かい、不安に思っていたご両親に事案の内容と今後の見込みを丁寧に説明しました。
そして、裁判所が決定した長期の身柄拘束の決定(勾留)を取り消すよう求める申し立て(準抗告といいます。)を速やかに行いました。この申し立ては、ご依頼者様に同じ種類の前科があったこと、他にも複数回同じような事件を行っていたことなどの事情から認められませんでした。
しかし、野崎弁護士は、その後もあきらめず、今回の事件の被害者の方と示談を締結し、その事情をさらに付け加えて再度勾留を取り消すよう求める申し立て(勾留取消の申立て)を行い、それが認められ、ご依頼者様は釈放されてご家族の下へ戻ることができました
その後ご依頼者様は、盗撮を常習的に行っており、同じ種類の前科があったにもかかわらず罰金の処分となり、本格的な裁判を受けることなく済みました。

当該盗撮事件のポイント

今回の事件のポイントは、一度、勾留(10日から20日の身柄拘束をする決定)がされてしまっても、その後に取り消してもらう手段がある、ということです。一度勾留決定が行われても、その決定に異議を申し立てて、複数の裁判官にもう一度考え直してもらうことができるのです。盗撮の事案では、弁護士が改めてこの申し立てでしっかりと主張を行えば、認められてご本人様の釈放を勝ち取ることができることもあります。
この事件では、ご依頼者様に同種の前科があったことや他にも複数回盗撮を行っていたことが裁判官にも明らかになっており、この準抗告の申し立ては認められませんでした。
しかし、それでも、まだ手段があるのです。たとえば、まだ被害者の方と示談ができていなかった場合、示談を締結して、その事情を付け加えてさらに勾留を取り消して欲しいという申立(勾留取消)を行えば、それが認められてご依頼者様が釈放される場合があるのです。
今回は、このケースでした。被害者の方にきちんとお詫びをして示談に応じていただいたことで、常習性があり前科もある事案であったにもかかわらず、本格的な裁判にならず、罰金の処分で終わることもできました。
刑事事件では、刻一刻と進展する手続の中で、ご依頼者様の身柄解放や処分の軽減のために必要な活動を随時、速やかに行っていく必要があります。アトム法律事務所には、ご依頼者様の利益のために最後まであきらめず、粘り強く活動する弁護士が複数所属しております。

盗撮事件でお困りの方は、お一人で悩まず、まずはお電話をお願い致します。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

フォームでのお問い合わせはコチラ▶

※お急ぎの方はお電話でのお問い合わせをお勧めします。お問い合わせは24時間×365日受付中です。 携帯電話からもつながります。非通知でもつながります。

スマホ・小型カメラの盗撮で検挙されたら アトム法律事務所 0120-631-276 24時間365日・夜間休日OK・日本全国すぐ・スピード対応。専属のスタッフがあなたの秘密を守りながら親身に対応します。まずはお電話を。 「大手企業会社員・公務員・会社役員・医師・士業」弁護実績多数あり	盗撮に強いアトムが弁護依頼を受けた盗撮事件の解決事例集はこちら

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部
  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します