盗撮に強い弁護士に相談

盗撮を誰にも知られず解決したい。盗撮の前科をつくのを避けたい。恥ずかしいので匿名で法律相談したい。アトム法律事務所は、このような方専用の弁護士事務所です。

盗撮に強い弁護士に相談 > 盗撮のよくある質問 > 盗撮事件の示談に関する質問 - 示談金を払うべき?

全国対応:盗撮容疑で逮捕な「遠くて不便な弁護士」を選んでいませんか?ATOMならどこでも電話が繋がる安心。全国各地から全力サポート

盗撮に強い事務所として民法テレビで特集されました

盗撮以外の刑事事件もアトムの弁護士にお任せください。痴漢・性犯罪・暴行・窃盗・詐欺・覚醒剤・ひき逃げ・飲酒運転

地図・アクセス

盗撮のよくある質問

盗撮事件の示談に関する質問

コンビニで盗撮事件を起こしてしまいました。被害者の関係者を名乗るものから、高額の示談金を支払いを求められ、もし支払わなければ警察に被害届を出すと脅かされました。このような場合、相手の言うとおりに支払うしかないのでしょうか。

被害者は、盗撮による慰謝料等の損害賠償を請求する権利が認められます。示談金の支払いを求めることは正当な権利の行使であり、支払わなければ警察に被害届を提出することもできます。もっとも、被害者本人に被害届提出の意思がないのに、第三者が示談金の支払い要求をすることは、正当な権利の行使として認められません。経験豊富な弁護士に頼めば、様々な事情を考慮して適正な示談解決を望むことができます。

不特定多数人が出入りするコンビニエンスストア内で盗撮したときには、各都道府県で制定する迷惑行為防止条例違反の罪に問われることになりますし、民事上も被写体である盗撮被害者の肖像権等を侵害する不法行為が成立する可能性があります。
そして、被害者の関係者を名乗るものから示談金を要求されているということですので、ご相談者様は、コンビニエンスストア内で盗撮行為を見つかって被害者に謝罪するなどして、ご自身の氏名、連絡先等を教えてしまったことが前提になっていると思います。
この場合、ご相談者様は刑事上、民事上の責任を追及される可能性があります。
できるだけ早く弁護士に相談し、状況の分析と被害者との示談交渉等の対応を依頼した方が紛争の早期解決につながります。
ご相談者様が、被害者ではなくその関係者を名乗る人から示談金を要求されて困惑して脅されたと感じて、相手に対して、脅迫や恐喝だなどと口にすれば、さらに被害感情を逆なですることになります。ですので、ご本人が被害者らと直接交渉することは避け、専門家である弁護士に任せた方が迅速かつ的確な解決が望めます。
ご相談者様が盗撮行為を自認する以上、被害者は、盗撮による慰謝料等の損害賠償を請求する権利が認められます。示談金の支払を求められても、正当な権利の行使であり、支払わなければ警察に被害届を提出することもできます。
もっとも、警察署に被害届を出すつもりもなく、被害者から示談を頼まれていないような場合には正当な権利の行使とは認められません。
経験豊富な弁護士に頼めば、様々な事情を考慮して適正な示談解決を望むことができます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

フォームでのお問い合わせはコチラ▶

※お急ぎの方はお電話でのお問い合わせをお勧めします。お問い合わせは24時間×365日受付中です。 携帯電話からもつながります。非通知でもつながります。

スマホ・小型カメラの盗撮で検挙されたら アトム法律事務所 0120-631-276 24時間365日・夜間休日OK・日本全国すぐ・スピード対応。専属のスタッフがあなたの秘密を守りながら親身に対応します。まずはお電話を。 「大手企業会社員・公務員・会社役員・医師・士業」弁護実績多数あり	盗撮に強いアトムが弁護依頼を受けた盗撮事件の解決事例集はこちら

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部
  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します