盗撮に強い弁護士に相談

盗撮を誰にも知られず解決したい。盗撮の前科をつくのを避けたい。恥ずかしいので匿名で法律相談したい。アトム法律事務所は、このような方専用の弁護士事務所です。

盗撮に強い弁護士に相談 > 盗撮のよくある質問 > 盗撮等の違法性に関する具体的な質問 - リベンジポルノは犯罪?

全国対応:盗撮容疑で逮捕な「遠くて不便な弁護士」を選んでいませんか?ATOMならどこでも電話が繋がる安心。全国各地から全力サポート

盗撮に強い事務所として民法テレビで特集されました

盗撮以外の刑事事件もアトムの弁護士にお任せください。痴漢・性犯罪・暴行・窃盗・詐欺・覚醒剤・ひき逃げ・飲酒運転

地図・アクセス

盗撮のよくある質問

盗撮等の違法性に関する具体的な質問

長年付き合っていた女性にフラれてしまい、その腹いせに、以前ホテルで彼女に内緒で撮影した、性行為のビデオ映像をネット上に流しました。
その後、その女性にそれがバレてしまい、直ちに何とかしなければ警察に行くと言われました。私のした行為は、犯罪になるのでしょうか。

女性に内緒でビデオ撮影する行為には、軽犯罪法違反の罪が、性行為のビデオ映像をネット上に流す行為には、わいせつ電磁的記録頒布などの罪が成立する可能性があります。また、ネット上の書き込みと相まって、名誉棄損罪や強要罪・脅迫罪などの罪が成立する可能性もあります。

まず、交際していた男女が合意の上で性行為することは何ら法律に触れることではありません。しかし、その性行為の様子を一方の承諾なく撮影したときには、ビデオのレンズを通してひそかに覗き見たとして軽犯罪法の窃視にあたる可能性があります。
そして、女性の裸体や性行為を撮影した静止画や動画を保管していても、保管行為が犯罪に問われることもありませんが、男女関係が破たんし、裸体や性行為が映し出された画像をインターネットで流出すれば、わいせつ電磁的記録頒布などの犯罪が成立します。この罪は、健全な性秩序や性風俗を保護しようとする社会に対する犯罪です。
そうした性風俗などの保護以前に、個人の性的自由やプライバシーの側面も害されることがあり、その女性の社会的評価を低下させたとして名誉棄損罪で処罰される可能性もあります。
なお、被害女性が18歳未満の女性であれば、女性の裸体や性行為を撮影することが児童ポルノ製造に当たり、これをインターネット上に流出すれば、児童ポルノ提供として重く処罰されることがあります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

フォームでのお問い合わせはコチラ▶

※お急ぎの方はお電話でのお問い合わせをお勧めします。お問い合わせは24時間×365日受付中です。 携帯電話からもつながります。非通知でもつながります。

スマホ・小型カメラの盗撮で検挙されたら アトム法律事務所 0120-631-276 24時間365日・夜間休日OK・日本全国すぐ・スピード対応。専属のスタッフがあなたの秘密を守りながら親身に対応します。まずはお電話を。 「大手企業会社員・公務員・会社役員・医師・士業」弁護実績多数あり	盗撮に強いアトムが弁護依頼を受けた盗撮事件の解決事例集はこちら

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部
  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します